人気ブログランキング | 話題のタグを見る
近鉄バッファローズ
小学校卒業を控えた息子は 学業のほうは余裕があるのか、放課後は毎日友人と遊び歩いている。

息子やその同級生を見て気が付いたこと・・・。

野球帽を 被っていない。

アジアカップの盛り上がりをみればわかるが人気スポーツも多様化している。

世の中で野球帽自体をみかけることも少ない。

ぼくが小学生のころは男子はほぼ100% 野球帽を被っていたし、

どのチームの帽子を被っているかは、子供なりにプライドや生き方を表現する非常に重要なアイテムであり、

非常に大切にしていた気がする。

低学年のときは父がドラゴンズファンだったこともあり中日。星野仙一の背番号20が入っていた。

高学年になりデザインにひかれて自ら選んで購入したのが近鉄バッファローズ。

クラスの男子24人 16人はジャイアンツ 中日 人 ヤクルト1人 阪神タイガース1人
広島からの転校生のカープ 1人 大洋 1人。

全員 セ・リーグのなかで、唯一の パ・リーグ 近鉄バッファーローズ。

12球団のなかでダントツにかっこよかった。POPな感覚。

小5の時。西本幸雄監督のもと日本シリーズへも進出 熱い眼差しで応援したのを鮮明に覚えている。

この猛牛の球団マーク、巨匠 岡本太郎のデザインだと知ったのは、だいぶ後になる。

いいデザインです。

小学校の同級生を思い出すと必ず 帽子を被っている姿を思い出す。懐かしいです


近鉄バッファローズ_f0137044_16303628.jpg
by undergroundhair | 2011-01-28 17:12 | DESIGN
<< 最近の映画 冬木。 >>