ポチ袋
f0137044_19381615.gif


日々慌しく生活していると時間の過ぎるのも早いものでもう1月も終わり。このままでは今年もアッという間に過ぎてしまいそうです。

少し前の話になるが正月に金沢に行ってきた。長期の休暇がとり難い職業ゆえ、こんなときは必ず旅に出る。21世紀美術館で文化にふれ、日本海の海の幸を満喫するというのが今回の主旨。旅先でかわいらしいものを見つけた。東茶屋街の志摩のポチ袋。旅先のお土産にはあまり興味がないのではあるが、文具や小物にはついつい手が伸びてしまう。
ポチ袋について調べてみた。
この「ポチ」は関西方言で「心づけ、祝儀」を意味し、もっぱら舞妓などに与えていた祝儀袋のことであった。「ポチ」には「小さな」(これっぽっち)という意味があり、「少ないですが」という謙虚な気持ちで与えたのが始まりである。異説としては、英語の "spot" (臨時の)、フランス語 の "petit" (小さい)などの言葉に由来するという説や、お年「玉袋」では語弊があるので「タマ」を「ポチ」に変えたという説などもある。
最近はあまり聞かないが昔は犬といえばポチだった気がする。

 気に入ったのは大きさと柄。縦横の比は1:2の小さな形もシャープ、且つなんだかかわいい。色、柄にしても今の気分にしっくりと馴染む。
今年の春夏のファッションはフラワープリントやグラフィカルなART柄が多くキャンディーカラーなど色も華やかだ。以前家紋について調べた時期があるが日本の庶民文化というのはどこまでも楽しんでしまえという明るさを持っている気がする。プリント柄のファッションや色彩豊かな服が、どこまで浸透するかは疑問ではあるが、こう寒い日が続くと明るく華やかなファッションが街を賑わす春が待ち遠しくもある。
# by undergroundhair | 2008-01-27 19:44 | TRAVEL
格言
 白珪尚可磨(はっけいなおみがくべし)

 本を読む中でこんな言葉と出会った。
「白珪」は上が丸くて、下が四角い、いわゆる上円下方の形をしたみごとな玉のことで、それも完全無欠のものをいうようで「一点の汚れもない玉を、尚且つ磨きなさい、安易に妥協しないで努 力しなさい」というのがこの句の意味らしい。

 さて最近、時間を見つけては数学の問題に取り組んでいる。硬くなった頭に刺激をと思い始めたのだが、何しろ学生時代はだいの数学嫌い。方程式などすっかり忘れている。結果、問題と格闘し夜更かしする羽目になる日が続いている。

 数学世界の中に「整数論」というのがあり、古来から多くの数学者がこの神聖な数の世界に惹かれてきたようだ。この学問の中で代表的なのが完全数。何が完全かというと、ある整数の約数のうちその数自信をを除く約数の和になるという点。最小の完全数は「6」。「6」の約数は1.2.3.6.で6を除く約数の和は1+2+3=6。これで6は完全性をもつ美しい数とされる。代数学者のピタゴラスも「6は和をもって自らをなす完全な数字、ラッキーナンバだ」と言ったとか。ちなみに次の完全数は「28」「496」「8128」と続く。

「白珪」と「6」  人は美しく完全なものに魅かれるようだ。歳を重ねていくうちに不完全でもいいのでは・・などと思うこともしばしば。だが、やはり美に携わるものとしてそれではいけない。「白珪」に辿り着けるかは定かではないが努力をしていこう。習いごとでも始めようかと思う、この頃である。
# by undergroundhair | 2008-01-26 11:56 | HUMAN
EBTG
トレーシー ソーンが20数年ぶりにソロアルバムを出しました。ベンワットとのデュオ”エブリシング バット ザ ガール”のほうが馴染みがありますが、高校の時によく聞いていたので即、購入。良かったです!!そして久しぶりに過去のEBTGのCDも聞いてみたら以外と今の気分に合う。サロンのBGMもEBTG一色です。いい声です。
f0137044_11341749.jpg

# by undergroundhair | 2007-04-19 11:35 | MUSIC
さんざし(山査子)
f0137044_18504653.jpg
お店の入り口のさんざしがかわいい花をつけました。秋には赤い実をつけるこの木、キリストの荊冠を編んだ植物だそうです。実は栄養価が高く「美と健康を呼ぶもの」として日本や中国の書物にも語られています。そういえばニコラが実を食べていた気がする・・。ともあれ美容室に入り口にふさわしい植物だったんですね。
# by undergroundhair | 2007-04-15 18:38 | SALON
キタさん
夜はあまり飲み歩かないのですが静岡出身でNY在住のヘアードレッサーのMASAMIさんが10年ぶりに帰国したということで是非お会いしたくて外出。サロン、ムービーなどのヘアーメークなど、勉強になりました。なにより個人の能力が問われるNYで20年もやっているパワーに感動! MASAMIさんが帰られた後は矯正歯科医のキタさんのMAGIC。プロを目指していたという腕前を堪能しました。マジックも日米では、うけるものが違うそうです。信仰心が強い日本人?にはハンドパワーなど神秘的なものがうけ、アメリカではダイナミックなショー的なものが人気があるそうです。ともあれカードのテクニックは目を見張るものがありました。きっと本業のほうもすばらしい技術を持っているに違いない・・。人は本当におもしろい!!
f0137044_11144192.jpg

# by undergroundhair | 2007-04-08 10:47 | HUMAN
笑い
東京出張のついでに森美術館に行ってきました。グレゴリー コルベールの写真展が目的でしたが 同時に開催されていた”笑い展:現代アートにみる『おかしみ』の事情”が面白かった。
4つのセクションから成るこの展示会。 
笑いました。ユーモアやジョーク 皮肉な表現
とにかく 楽しい作品がいっぱい。子供も大喜びでした。
その日はルミネで吉本を観て 笑い三昧。『おかしみ』という言葉も響きがいいですね。
f0137044_23324810.jpg
 
 
# by undergroundhair | 2007-03-30 23:36 | ART