<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
モリゾー
通勤途中の見るこの蔵。
お客様の森下様のお宅です。

少し古い話だが 愛地球博の マスコット 『モリゾー』と呼んでいる。
特にこの季節 日々 ツタが成長し 本当に生きているようだ。

少し風があるような深夜は街頭に照らされ 笑っているように見える。

残念なことに この蔵も 道路の拡張工事のため数年以内には姿を消す。
本当に残念です。


なくなる日まで もうしばらく写真を撮っていこうと思う。

四季の モリゾー 報告します。



f0137044_817583.jpg

モリゾー!?
f0137044_8182025.jpg

by undergroundhair | 2010-05-21 08:21 | HUMAN
京都
7月のワークショップの打ち合わせで京都に。
せっかくなので早朝に出発、龍安寺の石庭を見学。

朝 早かったので たった1人。

昔の人はすごい。情報が少ない昔のほうが一つのことに力を集約させることができたのだろう。

バランスを読み取るというより、ミニマムなこの庭の前では 自分の内面、精神の状態が浮かび上がる気がする。

誰もいない石庭でいろんなことを考えました。もう少し集中しよう。

ワークショップの内容もおおよそ決まり、楽しみになってきた。





f0137044_1911738.jpg

by undergroundhair | 2010-05-11 19:15 | TRAVEL
森とCOCO。
 3月 4月と 大きなイベントも終わり豊橋市の森へ一人ではいる。
新緑の季節、緑がなんとも言いがたいほどきれいでした。
おたまじゃくし、蛇やとかげ、原生林も残るこの湿原に1時間もあれば足を運べる浜松という街は本当にいいところだと痛感する。
 なんの雑音もなく自然の“流れ”に身をゆだねると、なんともRELAXできます。
f0137044_748360.gif
f0137044_7481911.gif
f0137044_7482951.gif

 その後映画 「シャネル&ストラヴィンスキー」を観る。 
地方ではどうしても時差がありタイムリーには鑑賞できないのがいつも残念ではあるが内容はとても良かった。
 ココ・シャネルがこだわった“黒”で表現されたサイケデリックなオープニングから完全にストーリーに引きまれた。
シャネルのメゾンが全面的にバックアップした衣装やロケーション。様々な調度品、美しかったです。
特にコスチュームは凄かった。

「人工的な香りを創りたかった。人の手が入ったもの」
No5 創作の過程で発せられるコトバ「自然と人工」を考えさせられました。
by undergroundhair | 2010-05-05 08:45 | TRAVEL